下呂市教育研究所
ホームページ

下呂市のマーク


 

カウンタカウンタカウンタカウンタカウンタカウンタ

2012年5月1日から

下呂市子どもセンター

 

 

 

 

下呂市教育研究所
ホームページ運用
ガイドライン

 

 下呂市の学校 > 2012年度 > 馬瀬中学校

平成24年度(2012年度)

 



 


校長
細江 幸孝

 

 昨年度に引き続き、下呂市立馬瀬中学校でお世話になります細江幸孝(ほそえ ゆきたか)と申します。どうぞ、よろしくお願いします。
 平成24年4月10日(火)の入学式では14人の新入生を迎え、生徒数39人(1年生14人、2年生13人、3年生12人)と教職員15人(非常勤講師等を含む)で、平成24年度馬瀬中学校がさわやかに幕を開けました。
 本校の学校の教育目標は「自主・創造・連帯」です。この「教育目標」がめざす生徒像は、以下のとおりです。 
  <自主>主体的、継続的に学習に取り組む生徒
  <創造>誠実で責任ある取り組みをする生徒
  <連帯>思いやりと厳しさで、共に高まろうとする生徒
 この「教育目標」を具現するために、今年度は「自信と挑戦、誇りづくり」をキーワードにして「たくましく生活できる生徒の育成」をめざします。具体化する場面を 「授業」「生徒会」「部活動」として、次の姿を求めて継続的な指導を続けていきます。
  ○自分の意見や考えを堂々と発表できる生徒
  ○仲間関係を大切にして、日常の学校生活を進んでよくしようとする生徒
  ○少しぐらいの困難も乗り越えることのできる生徒
 さらに、組織力を発揮して、小規模校にふさわしい学校経営を推進します。
 具体的には、次の3点の指導を行ないます。
  (1) 生徒に「確かな力(生活力・学力)」を付けさせる指導の強化
  (2) 生徒に適した個別指導の推進
  (3) 生徒の進路実現をめざした進路指導の強化
 そして、年度末の「卒業式」「修了式」では、39人の生徒が「馬瀬中学校で生活してよかった。」「学校が楽しかった。」「授業がわかった。」と誇りを持って語れるように指導を進めていきます。
 生徒にとって楽しく学び甲斐があり、心の居場所のある馬瀬中学校。教職員にとって切磋琢磨ができ、働き甲斐がある馬瀬中学校。保護者・地域のみなさまにとって親しみのある馬瀬中学校。をめざして、教職員一丸となって全力を傾ける所存です。
 本校の教育活動に対して、一層のご理解ご支援を賜りますようお願いします。

平成24年4月1日           
下呂市立馬瀬中学校長 細江 幸孝 


  学校の教育目標

・自主
・創造
・連帯

 

  学校の位置

〒509-2604
岐阜県下呂市馬瀬中切1852
電話 : 0576-47-2828
FAX : 0576-47-0014
e-mail :maze-j@fcis.gero-j.ed.jp

北緯35度53分41秒、東経137度09分46秒

本校の校区である馬瀬地区は、県のほぼ中央に位置し、東は同市萩原町、南は同市下呂町・金山町、北は高山市、西は郡上市に接する南北に細長い地区である。北部には1,500m級の山々が聳え、地区の中央には北から南に向かって馬瀬川が貫流し、東仙峡金山湖(岩屋ダム)に注いでいる。豊かな自然に包まれ、誠実で人情味ある人々が暮らす農山村地帯である。

 

  学校じまん