下呂市教育研究所
ホームページ

下呂市のマーク


 

カウンタカウンタカウンタカウンタカウンタカウンタ

2013年5月1日から

下呂市子どもセンター

 

 

 

 

下呂市教育研究所
ホームページ運用
ガイドライン

 

 下呂市の学校 > 2013年度 > 萩原北中学校

平成25年度(2013年度)

 

 



 


校長
小鳥 義博

 本校は昭和27年度に萩原・川西学校組合立北中学校として開校し、昭和30年に萩原町立北中学校と改称、平成16年には町村合併により下呂市立萩原北中学校と改称して今日に至っています。創立62年目を迎えますが、人情味あふれる地域と温かい家庭に支えられて着実な歩みをしています。

 本校の学校の教育目標は「希望・勇気・感動」です。一人一人の生徒が、自分の夢に向かって具体的な目標を持ち(希望)、くじけず挑戦し続け、最後までやり切り(勇気)、生まれた成果を喜び自信にし、さらなる目標に向けて歩み出す(感動)、そんな生徒をめざしています。そして、この「希望・勇気・感動」の営みを通して、生徒一人一人の笑顔を生み出し「笑顔あふれる学校」をめざしていきたいと思います。
 今年度のテーマを「『凜』とした姿 〜希望・勇気・感動を積み上げ、その子の自信・たくましさ・思いやりを育てる〜」とし、仲間との関わりの中で、一人一人の生徒が、自分の強い目標や願いを持ち、粘り強くやり切り、自分の成長や取り組みの良さを実感することで、その子の「自信」「たくまさ」「思いやり」を育てていきたいと思います。
 「凜」とした姿とは、夢や目標に向け、強い意志を持って粘り強くやり切っていく姿であり、また、相手のことを真剣に考えた思いやりのある行動をする姿です。
 学校運営の方針を、「自己決定を積み上げる指導」「温かさと厳しさのある人間関係の醸成」「思いを伝え合う力を高める指導」としました。そのもとに、確かな学力の定着を図る「考えを伝え合い学び合う授業」、安心して自己表出ができ、その子の存在感を生み出す「安心して思いを伝え合える仲間」、萩原北中の文化を高める「思いを伝え合い磨き上げる誇り」の3つを重点として取り組んでいきたいと思います。

 本校の生徒会には「自ら律し自ら立つ・互いに律し共に立つ」という会訓があります。「物事に対し、自ら考え、自ら判断し、自ら行動できる」という姿は、まさに本校の学校の教育目標の出口となるものだと思います。この生徒会の会訓を実現するために、生徒会は今年度のテーマ「覇気 〜凄いを超えろ〜」を掲げて取り組んでいます。生徒会では、4つの活動「授業」「挨拶」「清掃」「合唱」を柱として取り組んでいます。自分たちの姿を自分たちの目でしっかりと見つめ、確実に磨き上げていく歩みを大切にし、自ら誇りの持てる萩原北中の伝統へと高めて欲しいと思います。
 そして、どの生徒も笑顔にあふれ、思いやりの心をもつと同時に、目標に向かい、意志を持って立ち向かう「凜」とした萩原北中生になって欲しいと願っています。

平成25年4月1日 下呂市立萩原北中学校長 
小鳥 義博 

 

  学校の教育目標

希望(夢に向かって具体的な目標を持って生きる生徒)
勇気(くじけず挑戦し続け、最後までやり切る生徒)
感動(成果を喜び自信にし、さらなる向上を目指す生徒)

 

  学校の位置

〒509-2508
岐阜県下呂市萩原町尾崎61
電話 : 0576-55-0070
FAX : 0576-55-0945
e-mail :kita-j@fcis.gero-j.ed.jp
北緯35度54分33秒、東経137度12分15秒

 下呂市萩原町の北に位置し、「上呂、野上、尾崎、山之口、四美、大ヶ洞、奥田洞、宮田」を校区にもつ。また、平成18年度の全国植樹祭が実施されることに伴って、南飛騨健康増進センターを中心として温泉等を含め南飛騨国際健康保養地として環境整備を進めている。

 

  学校じまん