下呂市教育研究所
ホームページ

下呂市のマーク


 

カウンタカウンタカウンタカウンタカウンタカウンタ

2014年5月1日から

 

 

 

 

 

下呂市教育研究所
ホームページ運用
ガイドライン

 

 下呂市の学校 > 2014年度 > 金山小学校

平成26年度(2014年度)

 



 


校長
可児 正充

 

めざす子ども像は「かしこい」「なかよし」「げんき」
めざす学校像は「願い・努力・達成感にあふれた学校」

  16人の新一年生を迎え入れ、全校児童87人でやる気まんまん平成26年度の金山小学校をスタートさせました。

 金山小学校がめざす児童の姿(学校の教育目標)は「たくましく生きる力を培い、仲間とともに自分を高める子」。その姿をめざす合言葉は「かしこい」「なかよし」「げんき」です。
 金山小学校は、「かしこい」「なかよし」「げんき」な金山小学校の子どもを育てます。

かしこい
<確かな学力・自ら学ぶ姿勢>
なかよし
<力を合わせ、思いやる心>
げんき
<たくましい心・健康で安全な生活態度>
課題意識をもって意欲的に学習に取り組み、確かな学力を身につけていくことができる子 仲間と協力し、互いに認め合いながら生活を高めていける子 めあてに向かってくじけず粘り強く取り組むたくましい子、自ら健康的で安全な生活を実践できる子

 この姿をめざすために「願い」「努力」「達成感」を大切にした教育活動を進めます。
金山小学校は、子ども達の前向きな願い・意欲を大切にします。
 「できるようになりたい・分かるようになりたい」「もっといい人になりたい」といった子ども達の願いを掘り起こし、その願いに向かって、意欲的・主体的に取り組む学校生活をつくります。
金山小学校は、願い(めあて・夢)に向かって努力することを大切にします。
 面倒でも、苦しくても、途中で投げ出さないで「努力」を続け、最後までやりとげる学校生活をつくります。
金山小学校は、子ども達に達成感を味わわせることを大切にします。
 子ども達の成長や努力をしっかりと認め、価値づけ、自覚させてやり、やりとげた喜び、頑張りぬい充実感といった、達成感をたっぷりと味わうことのできる学校生活をつくります。

 「かしこい」「なかよし」「げんき」な金山小学校の子どもを育むことをめざして、「願い・努力・達成感」にあふれた学校づくりを職員一丸となって進めてまいります。
 平成26年度の金山小学校の学校教育に対しまして、保護者・地域の皆様のご理解とご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。
金山小学校は、子ども達に達成感を味わわせることを大切にします。
 
子ども達の成長や努力をしっかりと認め、価値づけ、自覚させてやり、やりとげた喜び、できた喜び=達成感をたっぷりと味わうことのできる学校生活をつくります。

 「願い・努力・達成感にあふれた学校」をめざすことが、子ども達の確かな成長に大きく結びついていくと信じています。平成26年度の金山小学校の学校教育に対しまして、皆様のご理解とご支援を賜りますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

平成26年4月7日 下呂市立金山小学校長 
可児 正充 


  学校の教育目標 (めざす子ども像)
たくましく生きる力を培い 仲間とともに自分を高める子
  「たくましく生きる力を培う」
 主体的・意欲的な生活態度を基盤にして
・確かな学力  ・・・  「かしこさ」
・豊かな人間性  ・・・ 「ゆたかさ」
・健康・体力・気力  ・・・ 「たくましさ」  を培う
自らの成長にあこがれをもち、主体的・意欲的な生活の中で、仲間と共生しながら努力を重ね、「かしこさ」「心の豊かさ」「たくましさ」を身につけていく子 

 

 

(合い言葉)
「かしこい」「なかよし」「げんき」

 

(めざす学校像)
願い・努力・達成感にあふれた学校
願い(目標・めあて)をしっかりともち、粘り強く努力をして、達成感(やりとげた喜び)を積み重ねる学校


 


 

  学校の位置

〒509-1622
岐阜県下呂市金山町金山2151
電話 : 0576-32-2056
FAX : 0576-32-4389
e-mail : kanayama-e@fcis.gero-j.ed.jp
北緯35度39分26秒、東経137度09分43秒

 下呂市金山町は下呂市の最南端にあたり、郡上市・関市・加茂郡の2市1郡に隣接している。古くは飛騨・郡上街道の合流点で交通の要衝をなし、物資の集散地・宿場町として栄えてきた町でもある。本校は金山町金山と金山町東沓部の一部(南側)を校区としている。
 金山町は下呂市に合併する以前からアメリカ・ケチカン市との教育交流を進めており、アメリカ人講師なども招いて国際交流に力を入れている。

 

  学校じまん