下呂市教育研究所
ホームページ

下呂市のマーク


 

カウンタカウンタカウンタカウンタカウンタカウンタ

2014年5月1日から

 

 

 

 

 

下呂市教育研究所
ホームページ運用
ガイドライン

 

 下呂市の学校 > 2014年度 > 尾崎小学校

平成26年度(2014年度)

 


尾崎小ニュース


 


校長
岩嶋 温子

校長室の窓から

    まごころで 生き生き輝く 尾崎の子ども

 平成26年度が始まり、運動場から元気のよい子どもたちの声が聞こえてきます。学年末・学年初め休業中は、教師は忙しく走り回っていましたが、学校本来の空気が感じられず寂しく思っていました。4月7日から職員一同、「これが学校だ!」とわくわくしながら仕事をしています。
 職員一丸となって頑張りますので、今年度もよろしくお願いします。
 始業式では2年生〜6年生に次のような進級認定の声をかけました。
*「学校の顔となった6年生(であることを認めます)」
*「頼りにされる高学年となった5年生」
*「学校中で一番リズム感よく一番元気な4年生」
*「もう低学年下校ではありません。高学年下校の仲間入りの3年生」
*「ちょっぴりお兄さんやお姉さんとなり1年生にお手本を見せられる2年生」
 皆とても嬉しそうでした。一つ上となった学年で頑張るんだという気迫が伝わってきました。
 今年も尾崎小学校の合言葉は「まごころ」です。自分の気持ちをはきはき話す自分へのまごころ。仲間に問いかける仲間を大切にするまごころ。自分やみんなで行動に表してみる強いまごころ。
 入学式では18人の1年生にまごころのことを話しました。
 これらのまごころを大切に、教育活動を進めていきたいと思っています。

 

平成26年4月1日 下呂市立尾崎小学校長  

 

  学校の教育目標

まごころで生き生き輝く尾崎の子ども

共通実践項目
   【考えぬく子】  【心ゆたかな子】  【たくましい子】
物・・・・ 進んで本に親しむ 大切に使い後片付けをする 心を込めて掃除をする
自分・・・ 自分の考えを話す 進んで挨拶をする バランスよく残さず食べる
仲間・・・ 仲間の考えを最後まで聞く 思いやりの言葉かけをする 仲間と楽しく元気に遊ぶ

 

  学校の位置

〒509-2508

電話 : 0576-55-0001
FAX : 0576-54-1678
e-mail : osaki-e@fcis.gero-j.ed.jp
北緯35度55分22秒、東経137度12分07秒

 本校は、清流下り川のせせらぎの音とともに、四季おりおりの変化を見せる山々に囲まれた自然豊かな一画に位 置しています。また、伝統・文化を大切にする温かな人情と温厚な人間関係が息づく地域を校区に持っています。校区内には、セカンドスクールとも言うべき位 山自然の家や南ひだ国際保養地があり、教育環境に恵まれています。

 

  学校じまん