下呂市教育研究所
ホームページ

下呂市のマーク


 

カウンタカウンタカウンタカウンタカウンタカウンタ

2014年5月1日から

 

 

 

 

 

下呂市教育研究所
ホームページ運用
ガイドライン

 

 下呂市の学校 > 2014年度 > 竹原中学校

平成26年度(2014年度)

 


竹原中ニュース

 


校長
中村 好一

 

 ひとりだち(自学、自治、敬愛)のための修業の場 竹原中学校


 平成25年度の卒業証書授与式で羽ばたく卒業生に贈った詩です。同じ言葉を平成26年度の入学式に全生徒に贈り、始まった「ひとりだちのための修業の場、竹原中学校」。様々な壁に、逃げることなく、立ち止まることなく、自学(よりよく生きる)の術、自治(ともに生きる)の術、敬愛(人のために生きる)の術をもって立ち向かってほしいという願いのもと、今年度が始まりました。
 2・3年生67名に新入生35名も加わり、全ての生徒が新しい学年で、新たな思いを胸に、今の自分を高めようとしています。
 3年生の合い言葉は「柏の葉」。どんな足跡を残し、竹原中を巣立っていくのでしょう。2年生の合い言葉は「温故知新」。伝統を大切にし、どんな新しい動きを創ってくれるのでしょう。1年生の合い言葉は「本物」。どんな本物を見つけてくれるのでしょう。その中で、それぞれの自分くずし、新たな自分づくりが始まります。
 本年度も中心となる修業は二つ。確かな学力の定着と社会性の育成。それぞれの修業の出口は、
【確かな学力の定着の修業】
5 教 科: 2月の3年実力テスト平均290点以上150点以下0人、1・2年のCRT検査で全国平均を上回り、全校平均の半分以下を0人。
  4 教 科: 単元ごとにできる、わかる段階を8割にし、誰もが単元ごとの伸びがわかる。
【社会性(連帯の姿)の育成の修業】

目的に向かって自主的、意欲的に取り組み、厳しい指摘や要求に応えようとする生徒の育成。(竹原中の社会性発達の道筋に基づいた指導)

誰もが大切にされていると感じ、竹原中学校での1年で成長を感じる生徒の育成。
この目標に向かって生徒とともに邁進します。
 新たな10名を加えた我々教職員も、生徒の無限の可能性を引き出し、さらに高める姿勢で全力を尽くします。

平成26年4月 1日          
下呂市立竹原中学校長 中村 好一  

 

  学校の教育目標

自学 よりよく生きる

自治 ともに生きる

敬愛 人のために生きる

 

  学校の位置

〒509-2314
岐阜県下呂市宮地2714番地
電話 : 0576-26-2009
FAX : 0576-26-2113
e-mail : takehara-j@fcis.gero-j.ed.jp
北緯35度45分36秒、東経137度17分45秒

 

  学校じまん