下呂市教育研究所
ホームページ

下呂市のマーク


 

カウンタカウンタカウンタカウンタカウンタカウンタ

2019年5月1日から

 

 

 

 

 

下呂市教育研究所
ホームページ運用
ガイドライン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もどる

 

 下呂市の学校 > 2019年度 > 東第一小学校

平成31年度(2019年度)

 



 


校長
細江 幸次

 

      「笑顔」と「自信」のあふれる東第一小に

 東第一小に子どもたちによるざわめきが戻ってきました。学校というところは子どもたちがいないと本当に殺風景なところです。子どもたちの登校に合わせるかのようにして校庭の桜も満開となり、桜による彩も加わり、一気に東第一小は華やかな場所になりました。
 今年度、新1年生1名が加わり44名の児童で平成31年度がスタートしました。この5月1日には元号も変わることもあり、どこか例年とはちょっと違った感覚を覚えているのは私だけでしょうか。東第一小の一日は子どもたちの元気なあいさつで始まります。校門付近で落ち葉を掃き集めていると、いつしか数人の子どもたちがそれを手伝ってくれます。こんな一見ありふれた光景が実は東第一小が長い間脈々と受け継いできたものではないかと感じている今日この頃です。
 今年度の東第一小学校は昨年度までの財産を大切にしながら「『笑顔』と『自信』のあふれる学校」をめざして、さらに歩を進めていきます。そのための日々の教育活動において、

1学期・・・「進んで」個々の主体性を大切
      にした指導。
  そのために教職員自ら動く→【率先垂範】

2学期・・・「力を合わせて」運動会等の行事における仲間とのかかわりを通して
      個と集団を高めていく指導。
      教職員も子どもたちとともに動き、喜びを分かち合う→【師弟同行】
3学期・・・1年間の集大成として自己の成長を振り返り、自信をもってやりきる
       一人でもできるようにする指導。
      個の様子を的確につかみ、適切な支援・指導を進める→【卒琢同機】を大切にしていきます。

平成31年4月1日  下呂市立東第一小学校長    
細江 幸次

 

  学校の教育目標

「頭をきたえ 心をきたえ 身体をきたえる 東っ子」

 

  重点項目

 〇頭をきたえる・・・言葉で伝え課題解決する姿の育成
 〇心をきたえる・・・願いをもち仲間と高め合う姿の育成
 〇身体をきたえる・・健康で安全な生活をめざす姿の育成

 

  めざす学校像

「笑顔と自信のあふれる学校」

 

  東っ子の三本柱

 〇あいさつ・掃除 (進んでできる)
 〇仲間      (協力できる)
 〇授業      (自ら学び高まり合う)

     

 

  教職員の構え

優しく寄り添い、厳しくきたえる

 

  学校の位置

〒509-1606
岐阜県下呂市金山町祖師野224-1
電話 : 0576-35-2015
FAX : 0576-35-2162
e-mail :higashi-e@fcis.gero-j.ed.jp
北緯35度45分、東経137度09分

東第一小学校は、下呂市と郡上市を結ぶ県道86号金山明宝線(旧国道256号)沿いに位置する。近くには祖師野八幡神社が、北部には岩屋ダムがあり、馬瀬川に沿って校区が広がっている。岩屋ダムの近くには、「岩屋岩陰遺跡」がある。また、池の島会の方が整備された「池の島公園」では、春先にギフチョウが飛び交う。

 

  学校じまん