4年生が『心にブレーキ』という道徳の勉強をしていました。黒板を見ると、コロナの感染防止をしなければならないのに、マスクをし忘れたり、おしゃべりをしてしまったりすることや、遊びのルールが守れないことなどが書かれていました。授業の最後、○○さんは、「自分がルールを守ることだけでなく、ルールを守っていない仲間にも注意したい」と、感想を書いていました。どの子も、真剣に授業に向かっています。今よりもっと、心にブレーキをかけられる自分を目指して努力できるといいなと思いました。

感想を書き終わった○○さんが、「持って行っていい?」と一人一人に聞きながら、道徳の教科書を集めて回っています。○○さんも書き終わりました。○○さんの行動を見た○○さんは、教室横の棚のところへ行き、集めた教科書を入れる場所を作っていました。仲間のために行動する○○さんのことを考える○○さんも、仲間のために行動しています。「なかよし」の心がふくらんでいるなと感じました。