「わたし、目標は50回。」本番を待つ○○さんが○○さんに話しかけます。「準備をしてください。」の声が聞こえてきました。○○さんが「○○ちゃん、がんばれ!」と声をかけます。1,2,3,4、・・・38回。目標には届かなかったけれど、笑顔でガッツポーズをしながら、運動委員会の子に報告に走っていく○○さん。満足な結果だったようです。○○さんが跳び終わった後、○○さんが笑顔で何やら話しかけています。運動委員会に報告に行った後、○○さんに、「○○さんに、声かけられとったね。何て言われたの?」と聞くと、「51回、すごいね!って言われた。」とうれしそうに答えました。班の下級生が跳ぶとき、「みんなで数えようぜ。」と声をかける○○さん。他に同じ種目をやる子がいなくて、たった一人で跳ぶことになった○○さん、○○さん。跳び終わった後、2人ともまわりの仲間から大きな拍手をもらって、うれしそうです。「げんき」と「なかよし」がふくらんだ「縄跳び集会」になりました。運動委員会のみなさん、素敵な集会をありがとう。