ようこそ 

下呂市小中学校事務共同実施

(学校運営支援室) へ

  下呂市小中学校事務共同実施・学校運営支援室  (ここは、トップページです。)

教育委員会挨拶

  学校と市教育委員会が連携・協働し「教育の質を高め、子どもたちの学びと笑顔に貢献したい」という願いのもと、平成26年度、要綱に基づき学校運営支援室を中心とする「下呂市小中学校事務共同実施」を立ち上げました。
 共同実施のキーワードは「つながり」です。市内を一つの学校と見なし「共同実施に関わる校長・教頭・教諭・事務職員、そして市教育委員会が意図的につながる。個がチームになることにより、様々な課題への気づきが提案につながり全体へとつながる。」この連動こそが、私たちが願う「子どもの豊かな育ち」につながると考えています。
 時代が大きく変わる時です。今の小中学生が生き抜く時代は「予測不能社会」とも言われます。新学習指導要領への対応、教職員の働き方改革、学校運協議会制度導入等々、多くの課題を抱えているのが現状です。共同実施の理念をより強く意識し、学校運営や教育行政に関わる有効な提案や提言につながるよう取り組んでいきます。みなさまのご指導をよろしくお願いします。

 

総括挨拶(共同実施・支援室について)

 下呂市教育委員会のご指導・ご援助を受け平成26年4月より学校事務共同実施(学校運営支援室)を開始しました。支援室や担当者会の取組も今年度で5年目となり、チームで業務を行う充実感や人材育成の部分で成果が感じられるようになってきたところです。
 その反面、課題も明確になってきました。特に、安定した学校運営・教育環境の条件整備ができる学校予算について、時代の変化に対応して学校現場から政策形成を行うことが、本市では必要となっています。また、事務職員の職務規定が「事務をつかさどる」と法改正されたことで、一定の責任をもったうえで自ら主体的に業務にあたることが求められることになりました。
 「子どもたちの豊かな育ちを実現する学校事務」を目的に、学校事務の共同実施によって子どもの学びにかかわる人々とつながり、協働して、市の方針と重点や学校の教育目標の具現を図るために、業務を遂行していきます。みなさまのご指導をよろしくお願いいたします。

 

連絡先