4月20日、下呂中学校の生徒25名が、まるかりの里の清掃活動や花植えのボランティアに参加しました。
3つのグループに分かれて、その場で考え、地域の方に聞きながら、自分で判断してそれぞれ作業を進めていきました。
「こんなにたくさんの子が来てくれるとありがたいわ。」
「マルチを張るときは、畝の中心をこの線にそろえて広げるといいよ。そうそう、うまい!うまい!」
「たくさん草を取ってくれたな。おかげできれいになるわ。」
と地域の方から声をかけられ、できたことをほめてもらい自信になりました。
子どもの笑顔で地域が元気になる、子どもが地域とつながる、この活動には、そんな魅力があります。学校ではできない大人と子どもの学び場、これこそまちづくりです。

viewed count 171