12月3日、地域のしめ縄作りに金山中学校のジュニアサポーター3名が参加しました。
荷物を運んだり、片付けを手伝ったりしながら、自分たちもしめ縄作りを体験して地域の方と交流を深めました。
ジュニアサポーターの保護者からは、「地域の人と触れ合い、自然のものに触れ、素敵な体験をさせてもらいました。」と、地域の方からは、「中学生の皆さんがとても頼もしかったです。サッと行動して、作ることを楽しんで、地域の方とも積極的に会話してくれて、こんな機会がこれからもたくさんあるといいです。」と感想をいただきました。
普段、しめ縄を綯うような機会はほとんどないので、地域の伝統に触れ、地域の人とつながり、体験の中での姿を認めてもらい、とても貴重な体験になりました。

viewed count 105