下呂市教育研究所
ホームページ

下呂市のマーク


 

カウンタカウンタカウンタカウンタカウンタカウンタ

2019年5月1日から

 

 

 

 

 

下呂市教育研究所
ホームページ運用
ガイドライン

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もどる

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 下呂市の学校 > 2019年度 > 下呂中学校


平成31年度(2019年度)




 
 

校長
田中 敏雄


 

   〜「ひとり歩きできる生徒」をめざして〜

        問いと共感

               問いと共感                             

 新入生53名を迎え、本年度は、全校生徒192名でスタートしました。
早速、生徒会執行部が対面式を企画し、楽しく温かい雰囲気で1年生を迎えました。各学年の合唱には、誠実さや情感が込められ、これからの一年間で一人一人が伸びていく可能性に胸が膨らみました。
 本校の教育目標は、「ひとり歩きできる生徒」です。学習や様々な活動で仲間と力を合わせて、一人一人が精一杯の力を発揮し、知・徳・体の調和のとれた成長を願います。将来、自分の個性を生かし、たくましく生きるためにも中学校3年間でその基礎となる確かな学力と社会性を身につけることが重要と考えます。
 そのためのキーワードとして、「問いと共感」を掲げています。授業や生活、生徒会活動や部活動など様々な場面で、「なぜ学ぶのか、なぜこの活動をするのか」と問いながら、意味や価値を追い求めていくことが、思慮深く考え判断する力になります。周りに安易に流されず、自分の考えをしっかりもって行動できる力を育んでほしいです。同時に、仲間の考えや気持ちを理解しようとすること、つまり、「共感する力」を高めることが大切です。人の考えから謙虚に学ぶことや人の苦しみや痛みを感じられることは、信頼関係の基盤になります。周りと協調しつつ、自分の考えや主張をもって生きる力を伸ばしたいです。
 また、コミュニティースクールを立ち上げて2年目となります。生徒が地域活動へ参画する姿が広がりつつあります。「ふるさと下呂」を知り、地域の人たちとの交流を通して、一人の市民としての自覚や役割の意識を育てていきたいと考えます。社会性豊かな下呂中生徒を願い、地域とともに歩む学校づくりをめざします。
 ご家庭、地域の皆様との信頼を大切にしながら、生徒のたくましい成長を教職員一丸となって支援してまいります。本校の教育活動に対するご支援・ご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

平成31年4月1日  
下呂市立下呂中学校長  田中 敏雄

 

  学校の教育目標

ひとり歩きできる生徒

   頭を使おう
   心を拓こう
   身体を動かそう

 

  学校の位置

〒509-2202
岐阜県下呂市森455-1
電話 : 0576-25-2732
FAX : 0576-24-1051
e-mail : gero-j@fcis.gero-j.ed.jp
北緯35度47分48秒、東経137度15分18秒

 下呂中学校は、下呂・上原・中原地区を校区とし、北は下呂市萩原町と接し、南は国定公園中山七里を含む地域で下呂市金山町に接する。中心部は益田川に沿う温泉地域である。南東部 は輪川・門和佐川に沿う上原地区、中原地区で、中津川市加子母・加茂郡白川町佐見と接している。

  学校じまん